Archive : 2008-04

APR
29

209系訓練車

Published:2008-04-29 00:59:10 UTC

img-1100n1 二連の209系訓練車が公開されたそうな。なんか可愛いな。
おそらく自分が何度も乗ったことのある車両なのだろう。いつか実物を目にしたいものだ。

APR
28

WordPressのテーマ

Published:2008-04-28 01:02:05 UTC

おとといからBlogのデザインを変更してみている。WordPressとは便利なもので、デザインを規定するる.phpファイルや.cssファイル、イメージファイルなどをパッケージ化して使用するテーマシステムを持っており、前のデザインも現行のデザインも余所様のところで頂いてきたものを使用している。

ただ、どうしてもテーマの作者と自分のスタイルが合わない時もあり、そういう場合は少し手を入れるのだが、やはり他人の作ったテーマ、いちいち読み解くのも面倒で、いっそ一から自作したいなーと思わなくもない。いや、思う。そもそも今のテーマもCodeが上手く表示されないとか、気に入らない点が多いし。(マテコラ)

実際、Web制作系のバイトを始めたおかげで、Fireworksを使える環境も出来たし、春休みのリベンジをここいらでしてみるのも良いのではないかと思い、XHTML+CSS虎の巻を読み返している今日この頃。

  • 画像に文字を回り込ませられて
  • 適度に文字が大きくて
  • CodeをWindowsLiveWriterのプラグイン経由で張り付けられて
  • WindowsLiveWriterでのWebプレビューが出来て
  • そこそこセンスの良いデザイン(これが一番難しいのだが)

を作りたいなー。

APR
26

IPP印刷いいねぇ

Published:2008-04-26 22:01:10 UTC

SFCの友人から聞くまで知らなかったのだが、慶應のネットワークプリンタのドライバが、いつの間にかにVistaに対応していたので早速導入してみた。

image31

慶應ITCのIPP印刷についての説明ページではXP/2000についての説明しかないが、XP/2000でのドライバのインストール方法についての解説ページからリンクされているRICOHのプリンタドライバの配布サイトでは、なるほど確かにVista対応が明言されている。

 

 

 

ちょっとウィザードがXPとは違っていたので戸惑うところもあったが、無事インストール完了。

image5

これで家PCから印刷キューを送り、学校で印刷できるようになった。はてブで「後で読む」タグを付けて読み残しを管理する代わりに、ガンガン印刷キューを送り、大学との行き帰りの時間に読むという運用を試してみようかと思っている。

APR
26

iKnow

Published:2008-04-26 00:18:57 UTC

最近iKnowがマイブーム。今月の10日あたりから始めたのだが、今日ようやく一つのアイテムが学習完了phaseに移行したので紹介してみる。

iKnowは所謂e-learningサイトで、FlashベースのGUIで、単語・熟語のスペル・意味・発音をひたすら勉強できる。Flashというと、ノロくてモッサリ、というイメージが染みついて離れなかったのだが、これがどうしてサクサク動くので吃驚した。なるほどこれならAIRが騒がれるのも分からなくはない。まぁ、SilverLightとXBAPがある限り、AIRに勝ち目がないと自分は信じているけれども。


http://www.iknow.co.jp/

APR
25

Radium Software

Published:2008-04-25 07:31:31 UTC

前々からよく購読させて頂いていたRadium Software、去年の7月を最後に更新が止まり、残念に思っていたのだが、hatenaで再開されていたのを発見。
やはり面白い。

http://d.hatena.ne.jp/KZR/

APR
23

XBAP on Lunascape Sidebar

Published:2008-04-23 23:07:41 UTC
WPF

先日購入したVisual Studio 2008、そのまま放置しておくのも余りにもったいないので、とりあえず.NET Framework3.0の目玉機能の一つである、WPFを活用したプログラムを習作として作ってみることにした。とはいえ、とりたてて作りたいスタンドアロンアプリケーションがあるわけでもなく、やはりいつものように、アドオン開発をすることにした。ターゲットはLunascape。

Lunascapeのサイドバー(というよりはDockだが)用アドオンを開発するには、

  • スクリプトサイドバープラグインフレームワークを利用してJavaScript+XSLTで開発
  • C++でゴリゴリ開発

という二通りのアプローチが存在する。前者に必要な知識はWebページ制作技術の延長上にあるのに対し、後者はC++によるWindowsプログラミングの知識が必要になり、難易度も高い。
前にLunascapeプラグインコンテストに出品した作品では、JavaScript+XSLTを使用して開発したのだが、やはりC++でつくられたアドオンに対して表現力、実行速度の面で圧倒的に不利であり、当時からC#でアドオンを開発できればなぁと考えていた。

そこで今回は、かなりトリッキーな方法ではあるが、JavaScript+XSLTでプラグインとしてのベースを作成し、その上にXBAP(WPFアプリをブラウザ上でホストする方法。SilverLightとはまた別)でプラグインとしての機能を実装することにした。

XBAPの作成

image2 image3

新しい技術を試す際は、やはりHello Worldプログラムを作成してみなければ!ということで、早速作ってみる。「WPFブラウザアプリケーション」という項目を選択して新しいプロジェクトを作成し、とりあえず適当にTextBlockを並べた上で、そのイベントで、

private void textBlock1_MouseDown(object sender, MouseButtonEventArgs e) {
        FileInfo info = new FileInfo("C:\\Users\\shiroica\\Desktop\\ConfoundApriFoolsDay.user.js");
        MessageBox.Show(info.LastAccessTime.ToString());
}

ローカル上のファイルの最終アクセス日時を表示するよう設定。これはセキュリティ機構がどのように働くかをチェックするため。

で、実際にビルドしてみてイベントを発動させてみると、しっかりセキュリティ関係の実行時エラー。WBAPは部分信頼で実行されるらしいから、やはり無理かとも思ったが、プロジェクトのプロパティから完全信頼に設定することで、エラー無しで走らせることができるようになった。

がしかし・・・

LunascapeのサイドバーのなかにうまくXBAPがホストできない><。なんでー?

このprojectはまた今度・・・。

追記

サイドバーの中はインターネットゾーン扱いの筈だから、それで完全信頼を必要とするXBAPが動かなかった気がしてきた。

村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を読んだ。初の村上春樹作品体験。正直よくわかりません><。

まとまった時間が取れなかったので、電車の中で一章づつ、細切れに読んだのが悪かったのだろうか。細かく表現を味わいながら読むのではなく、ざっと筋を追う読み方をしてしまっていた。悔しいのでそのうち時間が出来たら読みなおそうと思う。

APR
21

Google Analysisが面白い

Published:2008-04-21 00:17:06 UTC

世間ではGoogle App Engineが流行りのようだが、キャッチアップの終わっていない自分は、このBlogにGoogle Analysisを設置して遊んでいる。アクセス数自体が多くないので、アクセスユーザーのブラウザシェアの傾向等を見ても有意なデータは得られないのだが、それでもアクセス元を地図上にマッピングする機能などを覗いていると中々面白い。どういうつながりで迷い込んできたのか分からないが、何故かイタリアのベルガモという地方都市からアクセスが迷い込んでいたりもしている。このようなデータを実際に目の当たりにしてみると、地理的な隔絶を容易に乗り越えることのできるインターネットという利器の力に、改めて驚嘆せざるを得ない。

GoogleAnalysis、高性能アクセス解析を設置していないBlog主の方は是非お試しを。

APR
14

これは欲しい―WILLCOM D4

Published:2008-04-14 20:57:40 UTC

img041

今日発表されたWILLCOM D4、欲しすぎる。Windows Vista搭載のスマートフォン、否UMPCと呼ぶべきだろう。Vistaを搭載していることから、ほとんどのWindowsプログラムが動く。iPhone涙目www。Bluethoothを搭載しているので、DRC-BT15Pのようなヘッドセットで通話することも可能とのこと。VGP-BMS33のようなBluethoothマウスやBluethoothキーボードも接続できるのだろうか?CMOSカメラやワンセグチューナーも付いており、まさに最強。Lunascapeプラグインコンテストで得た賞金を注ぎ込むか?

APR
12

Microsoft Visual Studio International Pack

Published:2008-04-12 10:38:33 UTC

image

10日にリリースされたMicrosoft Visual Studio International Packを早速DLしてみた。Microsoft Visual Studio International Packはひらがな、カタカナの相互変換、ローマ数字の漢数字への変換、日本語IME における読みの入力に対応したオートコンプリート機能などを提供するライブラリから構成されている。SSはそのオートコンプリート機能をテストするサンプルを実行してみたもの。おそらく自分のようなホビープログラマが使用する場面は少ないだろうが、業務アプリ開発では入力支援機能として大いに重宝しそうではある。