JUL
19

WordPress 2.6を新規インストールした場合、XML-RPC API経由での投稿機能は、デフォルトでは無効になるようになったらしい。ver.2.6以前からのアップデートの場合は有効のまま。新規インストールしたWordPressにWindows Live Writerなどの投稿クライアントを組み合わせて運用することを考えている場合は注意しましょう。XML-RPC APIの有効化は管理画面の「設定」→「投稿設定」から。以下は情報元からの引用。

XML-RPC is disabled by default for new installs of WordPress. Upgrading will NOT disable XML-RPC (ticket 7157)

WordPress 2.6 – XML-RPC & AtomPub Changes – Joseph Scott’s Blog

このエントリには他にもXML-RPC APIのver.2.51からの変更点(ページテンプレートの取得、Blogオプションの取得/設定が出来るようになった、等)が列挙されているので、このエントリは一見の価値有り。

また、このBlogにはこんな記事もあった。

Custom fields for posts and pages are now exposed and manageable from metaWeblog.getPost/newPost/editPost, wp.getPage/newPage/editPage via the custom_fields field. I was really happy to get this in, I think there is a lot of potential in being able to manage custom fields externally.

WordPresss 2.5 – Joseph Scott’s Blog

WordPress 2.5からはカスタムフィールドのデータをXML-RPC APIから扱えるようになっていたらしい。知らんかった。憶えておこう。

Trackbacks : 2

Trackback URL for this entry
http://blog.sharplab.net/blog/2008/07/19/299/trackback/

Listed below are links to weblogs that reference this entry

トラックバック from PukiWiki Plus! (PukiWiki/TrackBack 0.4) 09-02-17 16:12:46 UTC

WordPressのインストール

IISへのインストール トラブルシューティング インストール完了後、ログイン画面からログインすると「Directory Listing Denied」となる。 参考 Windowsさくらインターネットへのインストー…

トラックバック from citizen シチズン アテッサ 14-10-12 05:01:49 UTC

citizen シチズン アテッサ…

WordPressとXML-RPC API絡みの話。 – SharpLab….