Archive : 2008-07

JUL
15

結局行けなかった…。

Published:2008-07-15 01:08:22 UTC

「IT企業はほんとに泥のように働かされるのか」――東大でイベント - @IT

う~ん、行きたかったなぁ。試験時間割の発表を待っていたら、既に定員に達して閉め切られていた。残念。またこういう機会がないか、常にアンテナを高くしていたい。

JUL
13

twitterのページ作成

Published:2008-07-13 14:07:12 UTC

自分が投稿したtwitterの最新コメントを表示するページを作ってみた。

SharpLab. – twitter

やっぱWordPressは便利だわ。欲しいと思うものは大体プラグインとして配布されているから、こんなことも簡単に出来る。期末テスト終わったらテーマを自作したいと思う。

JUL
12

AR技術に魅せられて

Published:2008-07-12 12:14:59 UTC

8/7に開かれる、コンピュータビジョン・拡張現実感に関する普通じゃない勉強会に参加してきます。非常に楽しみ。こういう方向に進むのも面白そうだなぁ。

以前SharpLab. – publish notification hooksではpost内容を書き換えられないというエントリをあげた。その時JZ5さんからMSにフィードバックを送りましょう、というコメントを頂いたので、実際にWindows Live Writer Developer Forumsで提起してみたところ、Scøttさんから自エントリの紹介という形でpost内容を書き換えるためのTipsを紹介頂いた。なるほどフィードバックは送ってみるものだ。

さて、その紹介頂いたInsertableContentSource: New Writer Plugins Using The New SDKというエントリは、CTP版の新SDKを使って作られたプラグインを紹介するエントリなのだが、その中で参考になるのは「ScottIsAFool.WriterUtilities」というセクション。エントリの中で紹介されているプラグインを実装するのに使われた、エントリ内容書き換え用のユーティリティクラス(WriterUtilsクラス)の使い方を紹介している。このクラスのソースコードもCodePlexにあげられていたので、以下に抜粋して引用する。

namespace ScottIsAFool
{
    public static class WriterUtils
    {
        public static bool ReplaceText(IPostInfo postInfo, string value, PostItems item)
        {
            PropertyInfo[] propInfos = postInfo.GetType().GetProperties(BindingFlags.Public | BindingFlags.Instance);
            foreach (PropertyInfo pi in propInfos)
            {
                if (pi.Name == item.ToString() && pi.CanWrite)
                {
                    pi.SetValue(postInfo, value, null);
                    return true;
                }
            }
            return false;
        }
    }
}

New Live Writer Plugins (SDK: 1.1)

…何と反応していいのか分からない素敵なnamespace名は措いておくとして。

要するに渡されたIPostInfo型の引数に対して、リフレクションで無理矢理プロパティに値をセットしているようだ。しかし、リフレクションについてよくわかっていないのだが、何で読み取り専用プロパティであるIPostInfoのメンバに値をセットするようなことが出来るのだろう?読み取り専用プロパティである限り、pi.CanWriteの部分は常にfalseを返すのではないのか?ようわからん。

JUL
10

SearchQueryGenerator for Lunascape

Published:2008-07-10 01:11:02 UTC

※SearchQueryGenerator for MarineToolbarはこちら

これは何?

ウェブページ上の検索フォームからLunascape用の検索クエリ文字列を生成するユーティリティです。検索エンジンリストを編集する助けとなればと思い作成しました。Lunascapeプラグインコンテストへ応募するために制作した作品の一つです。但しこの作品については、応募用件を満たさなかったために審査の対象となりませんでしたが…。

ダウンロード

SearchQueryGeneratorforLunascapeInstaller.zip

動作環境

win版IE6.0以上,LunascapeがインストールされているPC。

インストール方法

ダウンロードしたファイルを展開して、
SearchQueryGeneratorInstaller.msiを実行してください。
実行後、Lunascapeを再起動してください。

アンインストール方法

コントロールパネルのプログラムの追加と削除から削除してください。

使用方法

1.Lunascapeに追加したい検索エンジンの検索語入力欄上で右クリック。
2.「検索クエリを生成」をクリック。
image
3.検索ボタン毎に検索クエリ文字列のリンクが生成されるので、それをLunascapeの設定バーの検索エンジンツリーにドラッグ&ドロップ。
image
4.必要に応じて検索エンジン名をリネーム。

注意点

検索が行われる前にJavascriptで前処理を行っているFormの場合、正常に検索クエリが生成できない場合があります。その際はJavaScriptの実行を一旦OFFにしてから検索クエリの生成を行うと正常に生成できる場合があります。お試しください。

image

更新履歴

  • 2008/07/10 SharpLab.に公開場所を移転。
  • 2008/03/09 はてなダイアリーに公開場所を移転。
  • 2007/12/23 公開開始。

※Lunascapeでは、右下のアイコンからス・クリプトの実行を切り替えることが出来ます。

JUL
9

SearchQueryGenerator for MarineToolbar

Published:2008-07-09 18:02:42 UTC

※SearchQueryGenerator for Lunascapeはこちら

これは何?

ウェブページ上の検索フォームからMarineToolbar用の検索クエリ文字列を生成し、MarineToolbarの検索エンジンリストに追加する機能を提供するユーティリティです。

ダウンロード

SearchQueryGeneratorforMarineToolbarSetup.zip

動作環境

win版IE6.0以上,MarineToolbarがインストールされているPC。

インストール方法

ダウンロードしたファイルを展開して、
SearchQueryGeneratorSetup.msiを実行してください。

アンインストール方法

コントロールパネルのプログラムの追加と削除から削除してください。

使用方法

1
任意の検索フォーム上で右クリックして、[Marine Toolbarに追加]を選択。

FormMakerforMarineToolbar_contextmenu

2
必要に応じてパラメータの変更を行う。
FormMakerforMarineToolbar※プロパティの説明参照

3
登録された検索エンジンは、Rootフォルダ直下に保存されます。

MarineToolbar_menu

プロパティの説明

項目 説明
タイトル MarineToolbarの名前欄に対応する項目です。
文字コード 文字コードです。値を変更する必要はありません。
メソッド 送信時のメソッドを指定します。値を変更する必要はありません。
送信先 MarineToolbarのURL欄に対応する項目です。なお、get形式の場合でも"?"以降の文字列は表示されません。
referer 送信時のrefererを指定します。デフォルトでは無効になっており、使用する場合はcheckboxから有効にしてください。
検索語代入先 検索語が代入されるテキストBoxを選択します。初期値はFormの中で先頭のTextタイプのElementになります。
検索ボタン 検索時に使用されるボタンを選択します。
例えば、Googleの場合、[Google検索][I`m feeling Lucky]と二つのボタンが定義されていますが、このように送信ボタンが複数ある場合に使用するオプションです。
エレメントの確認 エレメントの確認ボタンを押すと、選択されているコントロールの色が反転しますので、それで対応しているコントロールを判断すると良いでしょう。

 

注意点

検索が行われる前にJavascriptで前処理を行っているFormの場合、正常に検索クエリが生成できない場合があります。その際はJavaScriptの実行を一旦OFFにしてから検索クエリの生成を行うと正常に生成できる場合があります。お試しください。

更新履歴

  • 2008/07/09 SharpLab.に公開場所を移転。
  • 2007/04/01 SearchQueryGenerator for MarineToobar公開。
  • 2005/03/17 FormMaker for MarineToolbar ver2.31公開。
  • 2004/11/21 FormMaker for MarineToolbar ver2.3公開。
JUL
6

Sakha Republic

Published:2008-07-06 23:03:09 UTC

中学校来の知り合いであるid:hazymn(朧月)がはてダでBlogを再開したようです。

http://d.hatena.ne.jp/hazymn/

これからホッテントリを量産してくれることを期待しましょう。

JUL
1

第二回FUMに参加して。

Published:2008-07-01 01:00:29 UTC

なんだかんだで参加してから日が空いてしまった。既にほかの参加者の方々が詳しいレポをあげている(由々識さんTrinityTさんDarkskyさんkei_9さんclicubeさん)ので、ここでは掻い摘んで個人的な感想を。

一次会

TS370303FUM(一次会)が開催されたのは、都心一等地のコンベンションセンターの貸し会議室。ガラス張りの現代的な建物で、こういうところにあまり来たことのない自分にとっては大分新鮮。集合時間に合わせて行くと、既に由々識さんが到着されており、由々識さんと雑談をしながらFUMの開始を待った。ほどなくしてFenrirの堀江さんの司会のもと、FUM開始。学生参加者が多かったことが印象的。メディアからの参加としては、ITmediaの方、窓の杜の方、BBwatchの方、vectorの方が見えられていた。雰囲気はちょっと固かったかな…。ほとんどの人が、初対面の組み合わせだったので、始まる前にアイスブレイクの時間を取り入れれば良かったのではないかな、と思う。

さて発表内容。

Sleipnirスタートページ

potaに代わるスタートページを開発中とのこと。スッキリしたデザインで、とても良い感じでした。キヨタカさんに聞いた話では、本体側と連携した機能も考えられているとのこと。現在Sleipnirでは、タブが0個になったときに自動的にabout:blankが表示されるけれども、その代わりにこういったページが表示することが出来たら結構便利じゃないかな思う。

Sleipnir SDK

SDKの扱いについては由々識さんのエントリTrinityTさんのエントリに詳しいので参照してください。ここではちょっとだけ追補を。
現在公開されているFenrir製のプラグインが利用しているSDKは、あまりエレガントな設計になっていないので、再構築した上で、公開するとのこと。
また、「SDKを公開した場合、プロダクトとしての一貫性をどう確保していくかが悩ましい」とも仰っていた。デザインとか、プラグイン同士の競合を懸念されている様子。

社長からの挨拶

「自分にとってソフトウェアとは、無機質な物ではない、人と人とが繋がるもの」―という発言が自分の中で、一番印象的だった。自分の少ない経験に引きつけて考えても、「他人からフィードバックを受け、それに応えられた時」の喜びというものは、無上のものと感じているので、深く共感できる話だった。

二次会

二次会は非常に楽しかった。自分は文系学部に進んだので、普段パソコン関係の話題で人と話す機会は滅多にない。そのため、今回Ruby開発者の方や、他の学生参加者など、どの人もPCで何かを作り出すのが好きでたまらない人たちとテーブルを囲めたのは、大変刺激的で面白いものとなった。まさか、はてブで数日前にあがっていたネタをつまみに飲めるとは…。自分にとって最高に愉快な体験だった。

また、Darkskyさんにご挨拶できたのも収穫。Darkskyさんは、IEの拡張を多数制作されている方で、Marine Toolbarなど、自分が作ってみたいと思っていたものを実現されている方なので、お会いできて嬉しかった。Marine Toolbarとかについてお話を聞いておけばよかったなぁ…。

さいごに

Fenrirの皆様、参加者の皆様、貴重な時間と経験をさせて頂き、本当にありがとうございました。残念ながらご挨拶できなかった方々、是非何時かまたお会い出来た際にお話させて頂ければ幸いです。