Archive : 2008-08

AUG
18

時間を大切にしたい。

Published:2008-08-18 21:54:49 UTC

若者に一度だけ与えられる出会いの場、セキュリティ&プログラミングキャンプ – IT戦記

CV/AR勉強会で知り合ったhatoneさんがチューターを務めているというセキュリティ&プログラミングキャンプ。凄いな…。中学生とかでProcessingとか扱えるのか…。彼らには自分の志向性を大事にして頑張ってほしいと思う。しかし彼らの話を聞いていると、自分としては複雑な気持ちになる。以下見苦しいが自分語りエントリ。

Continue reading »

AUG
17

新デザイン制作日誌08/17

Published:2008-08-17 23:36:00 UTC

image

出来ているのは現状有姿のところだけ。WP絡みの部分とか、全然まだ。というか、ヘッダの部分を弄繰り回していたらそこしかまだ出来ていないという。あまりの進まなさに泣きたくなる。終わるのか?月末までに完成させられるのか?

AUG
16

Web Designing BooksシリーズからWP本

Published:2008-08-16 17:18:11 UTC

amazonをウィンドウショッピング?していたら、Webプロフェッショナルのための黄金則 WordPressテンプレートタグ虎の巻 (Web Designing Books)という本が。Web Designing Booksシリーズは参考になる本が多いので結構目を通しているのだが、ついにWP本も登場するようだ。

目次を見ると、

Chapter 1 基本
Chapter 2 全般
Chapter 3 コンテンツ
Chapter 4 アーカイブ
Chapter 5 カテゴリー
Chapter 6 タギング
Chapter 7 タクソノミー
Chapter 8 メディア
Chapter 9 リンク集
Chapter 10 ユーザー
Chapter 11 コメント/トラックバック
Chapter 12 ショートコード
Appendix
001 日時の表記コード
002 パーマリンクの構造タグ
003 文字列を変換・整形する関数
004 文字列を変換・整形するフィルタ
005 グローバル変数

となっているので、そこまで細かく機能を追っているわけではなく、大体既知の内容っぽいが、

「テンプレートタグと関数を明確に分類すると同時に、あまり解説されることのないWordPress内部で利用されている関数などにも触れていますので、テンプレートをテンプレートファイルとみて使っている方にも、PHPファイルとみて使いこなしている方にも、十分に役立つ内容となっています。」(著者「はじめに」より)

ということなので、内部の関数紹介目当てにチェックしてみたいと思う。

AUG
15

スカイ・クロラ観てきた。

Published:2008-08-15 22:58:25 UTC

川崎にてサークルの先輩と頼まれた仕事について打ち合わせをした帰りに、「スカイ・クロラ」を観てきた。

なんというか…めんどくさい映画だ。劇中ではろくに説明されない世界観。主人公、三ツ矢、あるいは観客が発する疑問に対して決して正面から答えようとしないストーリー構成。全てが説明不足で、ぼっと観ていると、おいてきぼりにされると感じさせ、観ている側に不愉快な形で集中を要求する映画だった。だが真面目に見ようとしたところで混乱、徒労感がただ増すばかりで、結局わけわかんねぇよ!ヽ(`Д´)ノ、と思いながらシネコンを出ることになった。「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の時はそんなことなかったんだけどなぁ…。

家に帰り、中学来の知り合いである朧月が例によってあげていた映画評の良エントリ「スカイ・クロラ – Sakha Republic」を読み返して、なんとなく頭の中の整理がついたが、例えばteacherという存在の意味など、よく分からないものはまだ山積みである。劇中でteacherは「決して勝てない敵」とされ、だが主人公は最期に"I’ll kill my father"(字幕は「ティーチャーを撃墜する」)という言葉を残して挑んでいったので、永遠の子供である主人公が、子供にとって絶対の存在である父親を殺すことで大人になる、というフロイト的?な仕立てなのかと考えたのだが、気がついたら結局返り討ちにされてたし…。なんでやねん。解釈を放棄して、プッシャー式プロペラ戦闘機を堪能した者勝ちですね、わかります。

AUG
14

Blogのデザインを変更するべく作業続行中。

以下妄想している仕様案。

  1. 2カラム構成、右サイドバー。
  2. メインコンテンツ部は横幅をフレキシブルに。
  3. 但し最少幅600px。
  4. サイドバーは極力シンプルに。メタデータは独立させたページに表示。
  5. Twitterの最新発言をどこかに表示。
  6. iKnowの進捗状況XMLをパースして晒し上げ。
  7. 文字サイズは可変。
  8. 英字フォントはサンセリフ系。
  9. 日本語フォントはゴシック系。Vistaならメイリオ。
  10. 日付は日めくりカレンダー風に表示。
  11. 画像のフロート表示への対応
  12. 引用文の修飾
  13. syntaxhighlighterが動くように。
  14. WordPress Related Post for Japaneseの組み込み
  15. Windows Live WriterでWYSIWYG編集できるように。
  16. etc..

アホですね…。

image

AUG
14

hiromasa.another :o) » Blog Archive » WordPress Related Post for Japanese リリースにて、関連エントリを表示するためのWordPressプラグインが配布されています。これは…SEO的に物凄く便利なプラグインじゃないか?まだ入れていないのだけれども、サイトリニューアル時には是非試してみたい。他にもWPの記事が沢山上がっているBlogなので、これは要チェック。

追記:かなりWPについて充実しているサイトだなぁと思っていたら、WordPress 2.5 でつくる! 最強のブログサイトの著者の方でした。これはビックリ(笑)。

AUG
14

ゼムクリップ

Published:2008-08-14 00:36:07 UTC

image今日のお題はゼムクリップ。

AUG
13

投稿リビジョン

Published:2008-08-13 21:02:23 UTC

imageWPCustomFieldsEditorを製作する際に、動作テストのためにWindows Live Writerで投稿を繰り返す必要があったのだけれど…。
気づいたらWordPressの投稿リビジョン数がヤバいことになっていた。/(^o^)\ スクロールバーに注目。

過去の要らないリビジョンを削除する方法ないものかねぇ…。

ちなみに同じリビジョン同士を比較しようとすると、素敵なことが起きます。WordPressの中の人も遊び心があっていいですね。WordPress2.6使いの方は、是非お試しを。

AUG
13

WPCustomFieldsEditorよもやま噺

Published:2008-08-13 19:07:33 UTC

このエントリではWPCustomFieldsEditorを製作するにあたって蓄えたトリビア(死語?)紹介をしてみます。後半愚痴だか雑記だかよく分からなくなっていますが。 ん?二度ネタが多い?それは仕様です。

ログイン情報の取得方法

WPCustomFieldsEditorではXML-RPCを使ってWordPressを操作しています。WordPressをXML-RPCで操作するには、WordPressのエンドポイントURLとログインするためのユーザー名とパスワードが必要となります。これらは、リフレクションなどを使って、Windows Live Writer(以下WLW)が内部に保持している情報を取得しています。エンドポイントURLはBlogクラスのPostApiUrlプロパティから、ユーザー名とパスワードはXmlRpcBlogClientクラスのUsernameプロパティ、Passwordプロパティからそれぞれ取得できます。これらのクラスのインスタンスの取得方法については、SharpLab. – 中まで見よう!Windows Live Writerというエントリに書きましたのでそちらを参照してください。

WP-XML-RPC APIの情報の集め方

WordPressをXML-RPCで操作していると述べましたが、WordPressにはmetaWeblog APIを拡張したWP-XML-RPC APIがあり、これを使用しています。metaWeblog APIについてはMovableType で使える XML-RPC APIというページが詳しいです。WordPressが独自に拡張した部分についてはXML-RPC wp « WordPress Codexに纏まっています。

ただ、これだけでは残念ながらWordPressのXML-RPCについて網羅しきれていません。最近新しく追加された機能などについて調べる場合はwp-xmlrpc Info PageからMLのアーカイブをさらう必要があります。

それでも良く分からなかったら?幸いWordPressはOSSです。ソースコードを読みましょう。その際、便利なのがこちら、PHPXref 0.7: WordPress (latest release)。PHPXrefというツールで、クロスリファレンス化したWordPressのソースコードが掲載されています。

WP-XML-RPC APIによるカスタムフィールドの扱い方

[wp-xmlrpc] exposing and manipulating custom fieldsに記述があります。大体分かり易い記述ですが、ちょっと躓くところがあったので記しておきます。以下の部分。

If a custom field entry included with a post contains an "id" value then an update is done. If there is no "id" then an add is done. If there is an "id" value and no "key" value then the custom field with that id is deleted.

「なになに…idがなければ新しいカスタムフィールドとして追加され、idはあってもkeyがなければそのカスタムフィールドは削除されるとな?」と理解し、追加したい場合はidに空文字列を持たせる形で実装を進めたのですが、うんともすんとも動かない。カスタムフィールドを削除しようと思ってkeyに空文字列を渡した場合には空文字列をキーにしたカスタムフィールドが出来てしまうという始末。(管理画面からは空文字列をキーにすることは出来ないのでバグでしょう。)

実はno idという状態とはidの値を空にしろ、という意味ではなく、idというメンバ自体を持たせるな、ということでした。今振り返ってみて素直に読めば確かにその方が読んでいて通りが良いですが、なんだかなー、もーちょっとわかりやすくしてくれよ、と思いました、はい。

アンダーバーで始まるフィールド

SharpLab. – WPCustomFieldsEditor制作中というエントリにも書いたのものですが。

WordPressの管理画面からは見えないのですが、WP-XML-RPC API経由だと_edit_last、_edit_lockや、_encloseme、_pingmeなどの謎のカスタムフィールドが見える場合があります。これらアンダーバーでキー名が始まるカスタムフィールドですが、結局ググってもよくわからなかったので、WPCustomFieldsEditorでは一律無視することにしています。従って、ユーザーがアンダーバーでキー名が始まるカスタムフィールドを作成した場合も巻き添えで無視されてしまうので、運用には十分注意してください。

AUG
13

WPCustomFieldsEditor

Published:2008-08-13 11:18:23 UTC

これは何?

Windows Live WriterにWordPressのカスタムフィールド編集機能を追加するプラグインです。カスタムフィールドはエントリに独自のメタデータを付加したい場合のために確保されたフィールドで、WordPressをCMSとして多少手の込んだサイト管理に使用する場合には非常に重宝する機能です。このプラグインでは、エントリに付加するカスタムフィールドを、投稿時に編集する機能をWindows Live Writerに提供します。

ダウンロード

WPCustomFieldsEditor.zip

動作環境

  • Microsoft Windows XP SP2 以降または Windows Vista(Windows Live Writerに準拠)
  • Microsoft .NET Framework 2.0以上
  • Windows Live Writer Beta(Build14.0.5025.904)
  • WordPress 2.5以上

※現在、Writer Zoneで配布されているTechnical Preview版では、おそらく動作しなくなっています。ご注意ください。

インストール方法

ダウンロードしたファイルを展開してsetup.exeを実行してください。

アンインストール方法

コントロールパネルのプログラムの追加と削除からWPCustomFieldsEditorを選択し削除してください。

操作説明

image エントリの投稿を行うと、スプラッシュウィンドウに続いてカスタムフィールドの編集画面が現れます。この画面からカスタムフィールドの追加・削除・編集を行うことが出来ます。


image

更新履歴

  • 2008-10-01 ver.1.03に差し替え。内部動作を変更。
  • 2008-09-20 ver.1.02に差し替え。WLW Beta(Build14.0.5025.904)に対応。
  • 2008-08-13 Blogシステムの判別ミスがあったのでver.1.01に差し替え
  • 2008-08-13 イニシャルリリース