APR
15

一昨日のWordCampでもMatt直々に紹介があったP2、自分も早速設置してみました。

P2 – SharpLab.

image

おお~。素敵素敵。でも、Twitterの魅力である、TLを通じた他人とのインタラクションは一人でP2を使っているのでは得られないので(多分。P2にはFollowとかいう仕組みはないですよね?)、自分はこのP2を適用したBlogをTwitterの自分のTweetのログを収集するために使うことにしました。

利用したのはTwitter Toolsというプラグイン。自分のTwitterでのTweetを収集してサイドバーとかに表示したり、一日のTweetのサマリ記事をBlogに自動で投稿したりする機能を持った、TwitterとWordPressをつなぐ働きを持った多機能プラグインです。で、今回はこのプラグインの「Tweet毎にエントリを自動投稿する」機能を利用しています。

但し、Twitter ToolsとP2をあわせて使う上で注意点が一つ。Twitter ToolsもP2も、Services_JSONというPEARのクラスを利用するのですが、それぞれがServices_JSONを定義しようとするために衝突が起こってしまうという問題があります。そこでP2のテーマの中にある、inc/JSON.phpファイルを少し修正してやる必要があります。Services_JSONの定義を丸ごと、以下のif文で括ってやればOKです。(いかにもPHPな話ですね…。)

if (!class_exists('Services_JSON')) {

//Services_JSONの定義

}

あとはTwitter Toolsの設定で"Create a blog post from each of your tweets?"という項目をYesに設定したり必要な設定を済ませるだけです!素敵ですね。