Archive : 2009-06

追補エントリを書きました。こちらもあわせてご参照ください:
UnhandledExceptionイベントは、サブスレッドの例外も捕捉可能 – SharpLab.

 

先日C# .NETアプリケーション開発 徹底攻略という本を購入しました。C#での業務アプリケーション開発におけるノウハウをまとめた本で、プロファイリングの方法など、普段、趣味グラマをしていると考えない部分について色々と触れているので大変参考になる本なのですが、一点、マルチスレッド処理における例外処理についての記述でおかしなところがありました。

2章6節4項の、サブスレッドで発生した例外の捕捉の仕方についての部分です。まず、93~95ページで、集約例外ハンドラではサブスレッドで発生した例外が捕捉出来ない、という部分があります。このようなコードです。

Program.cs

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Windows.Forms;
using System.Threading;

namespace ThreadExceptionBehavior {
	static class Program {
		/// <summary>
		/// アプリケーションのメイン エントリ ポイントです。
		/// </summary>
		[STAThread]
		static void Main() {

			Application.ThreadException += new System.Threading.ThreadExceptionEventHandler(Application_ThreadException);
			Thread.GetDomain().UnhandledException += new UnhandledExceptionEventHandler(Program_UnhandledException);

			Application.EnableVisualStyles();
			Application.SetCompatibleTextRenderingDefault(false);
			Application.Run(new Form1());
		}

		static void Program_UnhandledException(object sender, UnhandledExceptionEventArgs e) {
			Exception ex = e.ExceptionObject as Exception;
			MessageBox.Show(ex.Message);
		}

		static void Application_ThreadException(object sender, System.Threading.ThreadExceptionEventArgs e) {
			MessageBox.Show(e.Exception.Message);
		}
	}
}

Form1.cs

using System;
using System.Windows.Forms;

namespace ThreadExceptionBehavior {
	public partial class Form1 : Form {
		public Form1() {
			InitializeComponent();
		}

		private delegate void SampleDelegate();

		private void button1_Click(object sender, EventArgs e) {
			//非同期スレッドの実行
			SampleDelegate a = new SampleDelegate(ThreadMethod);
			a.BeginInvoke(null, null);
		}

		private void ThreadMethod() {
			//意図的に起こした例外
			throw new Exception("非同期スレッドで起こった例外です。");
		}
	}
}

ここは良いのです。

そして続いての96~97ページで例外をメインスレッドへの通知して捕捉出来るように書き換える方法が書かれているのですが、このようになっています。

Form1.cs

using System;
using System.Windows.Forms;

namespace ThreadExceptionBehavior {
	public partial class Form1 : Form {
		public Form1() {
			InitializeComponent();
		}

		private delegate void SampleDelegate();

		private void button1_Click(object sender, EventArgs e) {
			//非同期スレッドの実行
			SampleDelegate a = new SampleDelegate(ThreadMethod);
			a.BeginInvoke(null, null);
		}

		private void ThreadMethod() {
			if (this.InvokeRequired) {
				//メインスレッドに呼び戻して実行
				this.BeginInvoke(new SampleDelegate(ThreadMethod));
				return;
			}
			throw new Exception("非同期スレッドで起こった例外です。");
		}
	}
}

19~23行目が加わった部分です。FormのInvokeRequiredプロパティがtrueの場合、つまりメインスレッド(UIスレッド)で実行されていない場合は、非同期にUIスレッドで実行しなおすようになっているのですが、これではサブスレッドでの例外処理の仕方の説明になっていません。ボタンをクリックした後直ぐに処理が帰ってくるという意味では非同期ではありますが、結局UIスレッド上で、ThreadMethodメソッドは動いているわけで、ThreadMethodメソッドに重たい処理を書いた場合は、UIがブロックされてしまうので無意味です。

本来ならば、以下のように書くべきではないでしょうか?

using System;
using System.Windows.Forms;

namespace ThreadExceptionBehavior {
	public partial class Form1 : Form {
		public Form1() {
			InitializeComponent();
		}

		private delegate void SampleDelegate();

		private void button1_Click(object sender, EventArgs e) {
			//非同期スレッドの実行
			SampleDelegate a = new SampleDelegate(ThreadMethod);
			a.BeginInvoke(null, null);
		}

		private void ThreadMethod() {
			try {
	
				//何らかの重たい処理

				throw new Exception("非同期スレッドで起こった例外です。");
			}
			catch(Exception e){
				this.BeginInvoke((MethodInvoker)delegate() {
					throw new ApplicationException("サブスレッドで例外が発生しました。", e);
				});
			}
		}
	}
}

これならば重たい処理によってUIがブロックされることもなく、またサブスレッドで発生した例外も例外集約ハンドラで集めることが可能です。