昨日開催された、 プログラミング生放送勉強会 第2回 @新宿に行ってきました。ニコニコ生放送のプログラミング関係のオフ会ということなのですが、自分はそれまでニコニコ生放送というものを見たことがなかったので、若干どんなノリの会なのか分からずに行ったのですが、まぁ、わんくま勉強会と似たようなノリで、楽しんで帰ることができました。やはり、動画でセッションの模様を中継でき、それに対する反応がネットの向こう側で観ている側から帰ってくるというインタラクションは大変面白いですね。ただ、帰ってくる反応も、ニコニコ動画のカルチャーに影響されているところがあり、もっとフォーマルなイベントで公式に使うのは難しいだろうなということも身をもって感じました。

さて肝心の内容。色々面白い話が多かったですが、.NET好きという自分の性格も手伝って、Live Labs Pivotの紹介話とXBox LIVE インディーズゲーム製作苦労話、Gainer紹介といくつかのLTが特に面白かったです。

Live Labs Pivotは、事前に名前しか知らずに行ったのですが、あれはある形式に則ったデータを食わせたら、それをSeaDragonテクノロジ他を使って綺麗に整理して見せるデモアプリケーションというイメージで良いんでしょうか。インビテーションを取得するのが手間そうなので実際に使ったわけでないのですが、デモを見る限りWPFで実装されているのかな?いつかLive wave xでWindows LiveやBingのオプション機能として、このようなインターフェイスがSiverlightを使って実装されて欲しいものです。

XBox LIVE インディーズゲームの話は、XBox LIVE インディーズゲームを実際に製作されている方が、製作にあたっての技術的でない苦労点を語ったセッションでした。やっぱり、家庭用ゲームコンソールで動くゲームを作って販売できるというのは大変魅力的な話のようですが、それに見合った苦労もされていうようで、iPhoneアプリ同様アメリカへの税金払い方の話だとか、表現の規制に関する話だとか、インターフェイスに使う言語の話だとか。表現の規制の話は、まぁ家庭用ゲーム機なら控えめにならざるを得ないというのはよくわかる話だったのですが、ゲームのインターフェイスに使われる言語に、日本向けのゲームにアルファベットが使われているだけで外国人からピアレビューで差し戻しを受けて直さざるを得なかったというのは、どう考えても運営方針が間違っているような。。まだ始まったばかりの仕組みなので運営側も試行錯誤している段階なのでしょうが、聞いている限りだと、製作者と運営側のコミュニケーションロスによる問題のような気も。やっぱり海外で作られているスキームを使う場合には、こちらも交渉できるだけの英語力が求められるのだなぁと勝手に納得してました。

Gainer。イケメンのための雑誌の方じゃないよ、電子工作の方だよ、というギャグほか、スピーカーの方のしゃべりの上手さに大いに笑わせてもらったセッションでした。Gainer、面白そうですね。なんちゃって理系ですらないSFCでぼんやり過ごしていると、電子工作方面への知識が全く欠けているのですが、Gainerは自分みたいな高級言語ばっかり触っている人間が電子工作始めるのに最適なおもちゃだということがよく分かりました。PCの中に立てたローカルなサーバーを叩いてやるだけでいいというのは非常に手軽ですね。。近いうちに買いたいと思います。

P1020471そいういえば場所はMicrosoftの新宿オフィスのセッションルームの一室だったのですが、新宿のサザンテラス口側は結構イルミネーションが綺麗なんですね。向かいの高島屋や紀伊国屋側も綺麗ですし。