大分前の話になってしまいましたが、ThinkPad X100eとThinkpad Edge、ありがたいことに発売直後にバイト先でモニター用の貸出機を触る機会に恵まれました。

その時に撮った写真を載せておきます。携帯のカメラなので画質が悪くてすみません。

HI3E0002

X100e、11インチのモデルです。ボディの材質が変わったらしいですが、こうして写真をみるとThinkPadはThinkPadですね。

HI3E0001

開けた状態。キーボードがThinkPadが従来採用していたタイプではなくアイソレーションキーボードなのが目につきます。ですが、実際触ってみたところ、このサイズにしてはかなり打ちやすいかなと感じました。

HI3E0003

そして、赤いThinkPad!赤ですよ赤。ThinkPadといえば黒だと思っていましたが、こうしてみてみると、赤も悪くない、むしろこの思い切りの良さが魅力的です。

HI3E0004
中は流石に赤くないです。

HI3E0005
並べてみた。

HI3E0006
閉じてみた。みなさんはどの色が好きですか?

HI3E0007

こちらはThinkPad Edge。こっちは写真をこれしか撮っていないのですが、赤バージョンもあります。

ねんがんの X201s をてにいれたぞ!

そして、X201s。こちらは自腹購入。いやー、幸せ夢気分。快適快適。今まで使っていたVAIO Type SZ53Bがそろそろ四年目で限界なので購入してしまいました。。

P1030446
去年の夏頃からずっと買い換えたいなぁと思いながら「Windows 7が出るまで待つ!」とか「Core i系に切り替わるまで待つ!」と必死に我慢していたのですが、先月Core i7のX201sが出たので18%OFFキャンペーン時に勢いに任せて買ってしまいました。。本体が大体15万円程、その他には拡張保証をつけたりなどでした。まぁ、待っている間にだいぶ貯金は出来ていたので、なんとか。

P1030443
閉じたときの外観。でこぼこのない、のっぺりした天板。マットな質感が凄く良いですね。

P1030452

パームレストにはi7とWindows 7のロゴが光ります。

P1030441
ACアダプタ。小さい!これは嬉しい。ただ、大学の研究室にはThinkPadのACアダプタが結構転がっているし、バッテリのもちは良いしで、ThinkPadの場合、そもそもACアダプタを持ち歩かなくても結構何とかなったり(笑)

使用感とか

最高です。キーボードは打ちやすいし、Trackpointは便利だし、バッテリは持つし、軽いし、解像度は高いし、何より速い。。どのぐらい速いって、シームレスモードのVirtualBox上でUbuntuがスムーズに動くぐらい(笑) Windowsをやめる気はさらさらないのですが、何かとUNIX環境が手元にあると便利なことも多いので、VirtualBox+Ubuntuが手元で動くというのは有り難いものです。

image
テキストモードで動かしておければ良いよねーと思っていたのですが、まさかGNOMEがストレスなく動くとは。もう、何がなんだかわかりません。。

image
WPFで全面的に作り直されたVisualStudio 2010もちゃんと動きます。先代のラップトップでBeta版を動かしたときは非常にもっさりしていて、買い替えを決意した一つの要因なのでした。これで生きていけます(笑)