Mono Archive

OCT
28

Monoいじってみた。

Published:2008-10-28 15:03:52 UTC

image8先日2.0がリリースされ、気炎を吐いているMono。ひとつ遊んでみようかということで、VMware上のUbuntuに、MonoDevelop共々インストールしてみました。MonoDevelopだけではC#コンパイラがインストールされないので、synapticパッケージ・マネージャから別にインストールする必要はありましたが、それ以外は特に問題になるところもなく、インストール完了。まずはHello Worldを実行したうえで、WP-XMLRPCのパースエラーのデモンストレーション用コード – SharpLab.のVisualStudioソリューションを引っ張ってきてコンパイルしてみました。

 

image

元のプロジェクトがCompactFramework向けにコンパイルしたアセンブリを含んでいたためかそのままでは上手く動きませんでしたが、Visual Studioで.Net Framework 2.0向けにプロジェクトを作り直してコンパイルしたものを再度持ってきたところ、完全に動作してくれました。


image

聞いてはいましたが、やはりWindows FormがそのままLinuxデスクトップ上で動くのは感動ものです。ボタン二つだけでは良く分からないでしょうが、それでもVista上と一寸違わぬFormが表示されるのには、ただ驚くばかりです。ちなみに、Release Notes Mono 2.0 – Monoには、Paint.NetなどをMono上で動かしたときのSSが掲載されていますので、見てみると面白いかも知れません。


imageところで、MonoのFileOpenDialogの画面なのですが、まるでWindowsのものそのもの。GNOMEってこんなのじゃなかったような…?これもわざわざ似せて作ったんですかね?