Hardware Archive

MAY
21

Google Android

Published:2009-05-21 22:04:09 UTC

IMAGE_262

いつの間にかに大学の研究室で先生がGoogle AndroidのDev Phone 1を買っていました。別に自分が使うわけじゃないですが、ちょこちょこ弄らせてもらったり。しかしUI関係の研究室でもないのに、何に使うんだろ。

やっぱいいなぁAndroid。いいなぁいいなぁいいなぁ・・・。Touch Diamond買ってなければ絶対に今度docomoから出るAndroid端末買ってましたよ。はぁ・・・。

まぁいいさ、色々なことに手を出しても仕方ない。自分はWPF/Silverlightを頑張ろう。

image 買っちゃいましたShuttleのベアボーン。26日に新丸ビルで未明4時から研究会の手伝いで作業していたのですが、昼間少しあった空き時間に秋葉原まで足を延ばした折、T-ZONEでShuttle XPCフェアというのをやっているのを見つけ、店員に色々聞いているうちに買ってしまっていました(笑)。hiromasaさんがSN78SH7?を買われているのを見て以来、ShuttleのCubeが欲しい欲しい!と思っていて、最近色々テストのためにVMを快適に動かせるPCが欲しくなってきていた勢いでつい…。寝不足の頭は危険ですねぇ。

構成は以下の通り。

  • ケース:XPC SG45H7
  • CPU:Core 2 Quad Q9400
  • メモリ:DDR 800 2GB*2
  • HDD:500GB(Seagate Barracuda 7200.12)
  • ドライブ:DVD Multiドライブ

これをBenQのモニタに繋ぎ、とりあえず適当にUSBマウスとキーボードをつけて使っています。え?OSがない?それはほらあれです、Windows 7 Beta1(笑)。あとUbuntu。これで7万円後半。良い時代です。

 

…がトラブルが一つ。接続性がない!買ったときは全く考えていなかったのですが、台所にあるブロードバンドルータへの経路が確保できていないという…。今使っているラップトップは無線LAN機能を内蔵していたので良かったのですが、今度のは当然自分で用意する必要があるわけで…。これまで他のPCで使っていたPCカード型の無線LAN子機は使えず、頼みの綱のUSB型無線LAN子機は64bitOS未対応…。とりあえず無線イーサネットコンバータかPLCでも買ってきます…。

JAN
9

VAIO Type P?Type Z?

Published:2009-01-09 03:21:16 UTC

VAIO Type Pがかなり話題になってますね。SONYらしい超高密度実装の極みというべきガジェットで、ひたすらカッコいいなぁという印象ですが、自分が欲しいかというとあまり食指は動かず。(まぁそもそも貧乏学生には買う余裕なんてありませんけれども)

Type Pにしても、他のネットブックにしても、あんまり必要性を感じないんですよね。安物のサブノートを買う金があるなら、一台最高構成のモバイルノートを買ってしまって、デスクトップPCとサブノートをリプレースしてしまえばいいのでは?と思うのです。サブノートじゃ所詮出来ることと言えば通信カードを繋げてネットを見る位で、いくらType Pがサブノートカテゴリの中で例外的に素晴らしい機種だといってもキーピッチが16mmでは本格的に使い込むマシンとしては厳しいのではないかなぁ、と思うのです。

むしろ、気になるのはType Zです。キーピッチは19mmしっかりと確保した上で1.35kg、しかも確か今モデルから64bit OSが使えるようになったので、強力なCPUを積んでおけば、メモリを2~3年後位に価格低下を待って換装するなどしてメインマシンとして長く使い込める将来性のあるモデルだと思います。家では大きめのサブディスプレイとNASにでも接続すればデスクトップマシンの代わりとして、出先では単体で強力なモバイルPCとしてバリバリ使えるだろうから快適この上ないだろうな、と思うわけです。

自分が今使っているのは二年程前のType Sですが、これもキーピッチが19mmで、重さは2kgのモデルで、毎日大学と家との間で持ち運びながら使っていますが、同期技術がそれなりに発展してきた今日でも、家と大学(あるいは出先)で全くの同一環境が使えるというのは、やはり便利なものです。分散したリソースに対して二重投資をする愚を避ける意味でも、また面倒な同期の設定を避ける意味でも、一台に集約してしまえばいいのでは、と思うわけで、最近のネットブックブームはちょっと理解できません。

(あぁでもType ZはGPUの動的切り替えがWindows 7と相性が悪いと言われているので、Type Zを買うならWindows 7が載ったモデルを待ってどうSonyが対応するかを見た方が良いかも。)

DEC
5
  • 家では…六年物のおんぼろマシンにUbuntuをセットアップして遊び始めます。
    • Firefoxのプロファイルをバックアップから拾い出していつもの環境をWeb閲覧環境をリストアしちゃいます。
    • MonoDevelopも勿論忘れません。
  • 出先では…WindowsMobileのOperaで、はてブのチェックを始めます。
    • スタイラスではてなスターまで押し始めます。
  • 大学では…Visual Studioを研究会共用PCにインストールしようとして周りに止められます。
    • あげく、C#を周りに布教しようとして激しくウザがられます。

幾ら外面を取り繕おうとしていても、もはや手遅れかもしれませんね、これは。

前回のエントリは、OSの再インストールについてでしたが、あの後まさかのハードウェア的な故障が発生しまして、一週間ほど修理に出していました。症状は電源が入らない(LEDすら点灯しない)というものだったので、自分では手の施しようがなく、結局マザーボードの交換となりました。35000円也…。大分痛い…。拡大保証に入らなかったのはここ数年最大の不覚です。

さて、その修理ですが、ちょっと気になることがあったので情報共有として書いておきます。修理前の点検が終わり、見積もりの電話を貰った時に、「光学ディスクドライブがディスクを認識しなくなっている、ハードウェア的には正常であるようなので、HDDのフォーマットをしたいがよいか」という話が出ました。修理に出す前は確実に動いていたので(OSのリカバリ時とか)、そんなはずはないから、とにかくマザーボードの修理を済ませたら点検用HDDでブート出来るか確認し、HDDは弄らずに返して欲しい旨を伝え、返していただきました。結局何が原因だったかというと、おそらく、VMwareを入れたことで、光学ディスクドライブのautorun機能がオフになっていたのを修理の方がOSがおかしくなってしまっている勘違いされたのだと思います。

修理に出すときに申込書にHDDのフォーマットは勝手にしてくれるな、と書いておいたので、電話で確認をとってくれたのでしょうが、あの時ちゃんと書いておかなかったら、そのまま誤診でフォーマットされていたかと思うと、ぞっとします。皆さんもVMwareを入れたパソコンを修理に出すときは、気をつけましょう。

AUG
3

DS買いました。

Published:2008-08-03 00:58:27 UTC

Nintendo DSじゃあない。

TS370311

先日良いことがあったので、自分へのご褒美(笑)として VAIO用のドッキングステーションを買ってきた。なかなか快適で、早速外部HDD二台の接続と、プリンタの接続、そしてLCDとの接続を一手に引き受けてくれている。また、LCDとの接続もD-SubからDVI-Dにアップグレードされ、心なしか表示がクリアになった気も。DVI-D接続に切り替えたおかげで、LCDのD-Sub端子が空いたので、先日払い下げられたデスクトップを常時LCDと繋いでおけるようになったのも意外と便利でなお良し。デジタル万歳。

でも色々買い足せども買い足せども収まらないのが物欲。今度はキーボードが欲しくなってきた。ラップトップと払下げデスクトップで共用できるキーボードがあればと思ってしまうのだ。レシーバー付きのBluetoothキーボードで良いのないかなぁ。

AUG
1

XP搭載PCを入手。

Published:2008-08-01 17:55:18 UTC

TS370309リビングのテレビを地デジ対応の液晶テレビにリプレースすることになったおかげで、自分の部屋にデスクトップパソコンが一台払い下げられてきた。関連性の薄そうな二つだが、まぁ色々事情があったのだ。で、この前買った20.1inch LCDと接続し、とりあえず設置完了。ただ、物が六年前のPCなので、これが非常に重い。結局メモリもCPUも換装せずにここまで来たから、Athlon1800+と256MBメモリという貧弱構成のまま。このPCで三年前までVisual Studio 2003を動かしていたというのが自分でも信じられない。また、モニタへの出力も4:3のサイズしか対応しておらず、ワイドモニタでは間延びした画面になっている。仕方がないので、とりあえずデータを外部HDDに吸い出した後でクリーンインストールをし直して、その後身の振り方を考えてやることにしようと思っている。Live Meshが出たら繋ぎっぱなしにしてデータサーバー代わりにするか、Linuxを色々試してみるか、etc…。

JUN
14

G2000W

Published:2008-06-14 00:05:03 UTC
LCD

TS370287

この前注文した20.1inch LCD、気がつけば今日が配送日。帰宅して程なくして佐川急便で届いた。実はこれ、店頭での下見もせずに買ったため、実物の商品を見るのは初めて。おそるおそる梱包を開けてみると…、

TS370288

うん、スッキリしたデザインで良い感じ。ロゴや大していじらないボタン類はモニタ下部に纏めてありうるさくない。しかし…

TS370289

デカ過ぎ。セカンダリとして買ったのに、面積にして主役のラップトップの液晶の倍以上。どう考えてもプライマリモニタです、本当にありがとうございました。

TS370290

さてマルチディスプレイとして接続してみたのだが…、ん?中央部分にしか映らんぞ?何だこの黒枠。

TS370291

しかしなぜかマウスは黒枠部分にも行ける。謎。

TS370292 

あれ、ウィンドウも行けるじゃん。

なんだ、良く考えてみたら、壁紙がセカンダリでは引き伸ばされないというだけの話でした。

 

さて、新LCD上でスクリーンショット撮ってみた。

 sc0000

流石はwidth:1680px。このBlogを表示したら、横の余り具合がハンパない。@ITに至っては、左半分にしかならなかった。しかしながら、Google AnalysisでこのBlogのビジターのPC環境をみていると、なんとiPod(要するにiPod touchのsafari)で接続してくる人も稀だが存在する。LCDの低価格化でPCの画面解像度は向上する一方、携帯デバイスの高性能化によってWebサイトが対応を迫られる画面サイズは多様化する一方という訳だ。このことを考えると、多少画像の扱い等に難があっても、リキッドレイアウトにするべきか、と思い始めた今日この頃。

JUN
8

20.1inch LCD注文

Published:2008-06-08 20:48:05 UTC
LCD

マルチモニタ環境を実現するために、BenQのG2000Wを注文。今週金曜到着予定。